交通事故の保険制度や慰謝料、示談などについて

交通事故にあったら

交通事故は、加害者と被害者ともに責任問題が後々までついて回るため、事実関係をはっきりさせておく必要があります。

そして交通事故の場合、どちらがどの程度悪いかという点が必ず問題になるので、事故現場の状況は警察が来るまでそのままにしておきましょう。

また交差点における直進車と右折車との衝突事故や、一時停止義務違反がある場合などは、ぶつけられた方が加害者となる場合もあり、状況の確認が必要となります。

さらに交通事故でケガしたり、車や建物などを壊された場合、その運転者に雇い主がいれば、その雇い主と加害車両の所有者に対しても、損害賠償を請求することができます。

そのためには、加害車両のナンバー・車種・特徴などをメモし、加害者本人を確認できる身分証明書を確認し、加害車両の自動車保険や保険会社を確かめておく必要があります。

なお軽い事故の場合、警察に届け出ないケースがよくありますが、届けないと後で損害請求がこじれた時に、自分が被害者であることの証明が難しくなります。

Copyright © 2013 交通事故@ナビ. All rights reserved.