任意保険が支払われない場合

任意保険が支払われない場合

保険会社は、交通事故が発生すれば保険金を支払うことになっていますが、ある一定の事由があれば保険金の支払いを拒否できる免責事由を持っています。

そして免責事由には色々ありますが、いずれも保険会社から渡された自動車保険約款の中に、詳細に記載されています。

また保険契約を締結しても、保険契約者が保険会社に所定日までに保険料を支払っていないと、保険会社は保険金支払いの義務を免れます。

そのため、特に保険料を分割で支払う場合には、未払いにならないように注意しなくてはなりません。

さらに加害者に対しては、事故発生日から3年で時効になりますが、保険会社に対しては事故発生日から2年で時効となります。

ただし、障害の程度が重い場合や後遺障害が残ったような場合には、症状が固定した時から時効が進行します。

なお、保険契約者が約款を読まなくて免責事由を知らなくても、保険契約上は保険契約者が当然読んでおり、知っているものとみなされるので、保険約款には目を通しておきましょう。

Copyright © 2013 交通事故@ナビ. All rights reserved.