自賠責保険の請求

自賠責保険の請求

加害者が、被害者の治療費・通院交通費・休業補償費などの損害賠償金を支払った場合、保険会社に対して自賠責保険の請求ができます。

しかし保険会社は、加害者の支払った全損賠償額について、無条件で支払いに応じてくれるわけではありません。

そして保険会社では、被害者に対する損害額を自賠責基準に基づいて算定しているので、むしろ請求を減らされる可能性の方が高くなります。

そのため、加害者の方で事前に被害者に支払う場合には、保険会社の担当者と相談しながら、被害者側に支払うようにした方が良いでしょう。

また被害者側は直接、保険会社に対して自賠責保険の請求ができ、交通事故のほとんどの場合では被害者請求でされています。

なお保険金を請求するには、被害者側で負担して後でまとめて一括払いする方法と、仮渡金や内払金請求をして、残りを請求する方法の2つがあります。

そして、交通事故による負傷の程度が軽い場合には、大体被害者側で負担して、後でまとめて一括払いを求める方法が行われています。

Copyright © 2013 交通事故@ナビ. All rights reserved.