病院の支払い

病院の支払い

交通事故の被害者のケガが軽くて病院に行かなかったものの、何日か絶ってから急に痛くなって病院へ行く場合、被害者が費用を支払って領収書を受け取り、後で加害者側の保険会社に請求します。

また、当初は物損事故として警察で処理された場合でも、事故後に発病した時には、交通事故の発生を通報した担当警察官に、診断書を添えて負傷したことを通知し、人身事故扱いにしてもらいます。

一方、重症を伴う事故が発生した場合には、加害者であれ被害者であれ負傷者は救急車で病院に搬送され、直ちに手術などの治療を受けることになります。

ただし加害者がケガをしていない場合は、警察官の支持で事故現場に残され、警察官から事故の状況を聞かれたり、実況見分に立ち会わなければなりません。

そのためこうしたケースでも、加害者が被害者のいる病院へすぐに行けないことがあるので、とりあえず被害者側で病院の支払いをするケースが多くなります。

Copyright © 2013 交通事故@ナビ. All rights reserved.