損害賠償

損害賠償

交通事故には、人がケガを負う人身事故と、車両や建物などに損害が出る物損事故があります。

そして人身事故の場合、事故による実際の損失である積極損害や、事故のために失った損失である消極損害、肉体的・精神的な苦痛を慰める慰謝料を請求できます。

一方、物損事故で全損の場合には被害車両などの交換価格、一部破損では修理費と評価損の合計金額が賠償され、被害車両の営業損害・休車損害・代車使用料なども請求できます。

なお、自賠責保険では傷害・後遺障害・死亡事故について、それぞれ保険金の上限が決まっており、自賠責保険の保険金額を超えた損害賠償額は、加害者個人の負担または任意保険で支払われることになります。

ただし、自賠責保険は人身事故にだけ適用され、物損事故には適用されません。

また損害賠償については、ケガが治るなど事故による損害額が確定してからでないと、最終的な損害金の請求ができません。

しかし、損害金のうち治療費・付添看護費・入院雑費・通院交通費・休業損害については、治療の経過に応じて途中で請求することもできます。

Copyright © 2013 交通事故@ナビ. All rights reserved.