治療費として認められるもの

治療費として認められるもの

病気やケガで治療を受ける場合、実際の治療費の2,3割しか支払わず、残りの7,8割は健康保険組合が負担してくれて、実際の治療費の分は加害者の保険会社に請求できます。

しかし保険の利かない自由診療では、治療費の内の一部しか認めてもらえず、結局拒否された治療費は被害者側の負担となります。

そして入院中の特別室料や差額ベッド料は、医師の指示などの特別な理由がない限り、原則的には認められません。

また鍼灸・マッサージ費・治療器具・薬品代・温泉治療費については、医師の指示があって有効な場合に認められます。

なお、これ以上治療が良くならないと診断された後でも、病状や治療経過などにより、保険会社から治療費の支払いが特別に認められることもあります。

Copyright © 2013 交通事故@ナビ. All rights reserved.