休業損害

休業損害

休業損害とは、ケガで仕事を休んだために得られなかった賃金や収入のことで、損害として請求することができます。

また死亡した場合で、事故から死亡するまでの間に相当の期間がある場合にも、休業損害が生じることがあります。

そして休業損害の自賠責基準では、原則として1日につき5700円とされています。

ただし、立証資料などにより1日5700円を超えることが明らかな場合は、1日につき19000円を限度として、その実額が支払われます。

また休業損害の対照となる日数は、実休業日数を基準として、被害者の傷害の態様や、実治療日数とその他の事情を勘案して、治療期間の範囲内で認めるとされています。

なお自賠責保険では、傷害事故について被害者一人当たり120万円の上限がありますが、加害者が任意保険に加入していれば、120万円を超えた傷害部分については、任意保険から支払いを受けられます。

Copyright © 2013 交通事故@ナビ. All rights reserved.