後遺障害

後遺障害

後遺障害とは、改善が見込めない身体の障害が残った状態をいい、ケガに対する保険金とは別に、逸失利益と慰謝料を損害賠償として請求できます。

そして被害者の身体に残った一定の障害が、後遺障害として判定されるか否かによって、被害者の請求できる損害賠償の範囲が違ってきます。

また後遺障害に当たると思った場合、主治医に後遺障害の所定事項を後遺障害診断書に記載してもらい、保険会社を通じて各地区の調査事務所に認定の申立てをします。

ただし後遺障害の等級認定は非常に厳しく、申立て行っても後遺障害ではないと判定されたり、後遺障害と認定されても、被害者が感じているより低い等級で認定されることもあります。

なお後遺障害の認定に不服の場合には、被害者の身体的な障害を詳細に明記した追加診断書や、後遺障害の状況を明らかにした写真等の検査資料を添えて、意義の申立てをすることができます。

また調査事務所から後遺障害の認定が得られない場合であっても、裁判所が後遺障害の認定をして、その分の損害賠償を認めてくれることもあります。

Copyright © 2013 交通事故@ナビ. All rights reserved.