慰謝料

慰謝料

慰謝料とは、被害者または被害者の遺族が被った、精神的・肉体的な苦痛に対する損害賠償をいい、ケガ・死亡・後遺障害のそれぞれに対して請求されます。

ただし物損事故だけの場合には、たとえ高価で貴重な自動車が損傷したとしても、慰謝料の請求は認められません。

また慰謝料の算定は、基本的にはケガの場所や程度、入院や通院期間によってパターンが定型化されており、それに応じた慰謝料が定額化されています。

そして慰謝料の算定基準には、自動車損倍賠償責任保険基準・自動車対人賠償保険支払基準・弁護士会による基準の3つがあります。

自動車損害賠償責任保険基準では、入院また通院1日につき4200円となっており、保険会社ではこの金額の2倍まで慰謝料として認めています。

弁護士会による基準は、弁護士が損倍賠償請求する際の目安として作成された基準であり、慰謝料に関する3つの基準の中では最も高めになっています。

なお死亡による全損害のうち、3000万円までは自賠責保険により支払われ、3000万円を超えた損害は任意保険から支払われます。

Copyright © 2013 交通事故@ナビ. All rights reserved.