物損事故で認められる損害

物損事故で認められる損害

物損事故は、自動車が損傷したり道路脇の建物などが損壊しただけの事故をいい、修理費・評価損・代車使用料などの損害賠償を請求できます。

また被害車両が修理不能な場合や、修理費が被害車両の交換価格を上回る場合は、全損として評価され、事故直前の被害車両の交換価格が賠償額とされます。

そして交換価格の算定方法としては、オートガイド自動車価格月報や中古車市場での平均販売価格などによる、同種同等の車両の購入価格を基準にする例が多くなっています。

一方、被害車両が一部破損しただけで修理可能な場合は、原則として修理費が損害となります。

さらに修理しても、事故車として価格が減少する場合には、その減少分が評価損という損害となります。

なお被害車両を修理せずに売却した場合は、通常の中古売却価格からその売却価格を差し引いた額か、修理代相当額の内、どちらか低い方の額が損害となります。

また営業車については、被害車両の買換えや修理のために使用できなかった場合、その車両で操業を継続していれば得られた利益を請求できます。

Copyright © 2013 交通事故@ナビ. All rights reserved.