交通事故の保険制度

交通事故の保険制度

交通事故に関して加害者が加入している保険は、強制保険と任意保険に大別でき、強制保険には自動車損害賠償責任保険があります。

そして自動車損害賠償責任保険は、自動車の所有者に加入が義務づけられているものですが、最近の交通事故の損害賠償額からみると、自賠責保険の保険金額だけでは、損害賠償するのに不十分といえます。

一方の任意保険には、自家用自動車総合保険(SAP)・自動車総合保険(PAP)・自動車保険(BAP)・自動車運転者損害賠償責任保険(ドライバー保険)があります。

自家用自動車総合保険は、対人賠償保険・自損事故保険・無保険者傷害保険・対物賠償保険・搭乗者傷害保険・車両保険がセットとなっており、対人・対物事故について保険会社による示談交渉サービスが受けられます。

自動車総合保険は、対人賠償保険・自損事故保険・無保険車傷害保険・対物賠償保険・搭乗者傷害保険がセットとなっており、対人事故について保険会社による示談交渉のサービスが受けられます。

自動車保険は、対人賠償保険・対物賠償保険・車両保険の3種の保健を、契約者が自由に組み合わせて契約できます。

自動車運転者損害賠償責任保険は、対人賠償保険・対物賠償保険の2種の保険を、契約者が自由に組み合わせて契約できます。

Copyright © 2013 交通事故@ナビ. All rights reserved.